メインイメージ

投資で必要なのはマーケット情報を客観的に判断する目

FXであれ株式投資であれ、コモディティであれ、投資をやっているなら必ず目にするマーケット情報。
今や、世界の市場が注目していることを情報として仕入れなければ、どんな投資でもコンスタントに利益を出すことは不可能と言ってもいいでしょう。
 ただ、マーケット情報とは言っても、要人発言や経済指標の結果発表などがある一方、日本国内および海外金融機関などのアナリスト情報も含まれていて、とくに金融アナリストは、相場が上がるという人もいれば下がると予想する人もいる。
 これらをイチイチ信じていたのでは、相場に振り回されるだけ。
 為替市場も株式市場も、相場が上がるか下がるかは、いくら金融アナリストといえどもそう簡単には予想できません。
 必要なのは、自分自身で個人投資家がマーケット情報を客観的に解析できる目ではないかと思います。

気になる世界のマーケット情報を記載

このサイトは、気になるマーケット情報を個人のファイリングを目的に記事として綴ることを目的としています。
 これを個人的に見返すことで、過去の出来事を今一度振り返り、これからの相場の予想へとつなげていきます。
 結果的に、FXだろうと海外株、国内株だろうど、損失を出すことがあっても限定的な損に抑え、最終的に利益を出すことが期待できると、勝手に信じ込んでおります。
 皆さんも一情報として、サイト内の記事をご覧になるのは構いませんが、投資はあくまでも自己責任でお願いしますね!

Copyright© 2012-2013 世界経済マーケットニュース All Rights Reserved.