Archive for the ‘為替相場’ Category

FOMC発表後に円安加速

2014-09-18

 世界の市場関係者が注目したFOMC
 政策金利は据え置きながらも、イエレンFRB議長は「大半のFOMC参加者はFF金利が2017年末に正常水準に近づくと予測」、「金利引き締めペースは経済次第」、「次回会合で資産購入を終了する見込み」などと発表。
 その反面、「労働市場はまだ完全には回復していない」などの公表もあったが、円は108円台へ失速。ユーロドルは9月8日~9日に記録した1.29割れへ再度突入。

 日本時間の午前7時くらいからは、ドル円が1ドル=108円50銭を超えてきました。

 ユーロ圏の経済や政治が不安定化しているのでユーロが下落するのは分かりますが、日本の円はそんなに弱くなる必要ないと思うんですがね。

 アメリカが政策金利を徐々に上げていき、このまま米ドルが円に対して上昇していったとしたら、当然、そのうち日本の政策金利も上げていく時が来るかもしれない。
 となると、そのときの国内の経済状況ってどうなっているんでしょうかね?
 円安が企業のコスト増を招き、収益悪化をもたらしているのはご周知の通り。となると、たとえば1ドル=115円にそのうちなりそうな状況ですが、115円というとつい一か月前の水準と比べて10%も円の価値が落ちるということ。
果たして、日本の企業に悪影響がないと言い切れるのか?

 経済のバランスも考えて日本政府や日銀は金融政策をしていく必要性があるし、足早に円安になり始めた今、責任は重大だと感じますね。

 ついでに書くと、英ポンド円は政治的にスコットランドの懸念があるのに上り調子ですね。9月16日に173円割れを記録したのに、2日後の今日18日午前8時台には176円50銭まで上昇しています。
 スコットランドの住民投票は独立反対で決まるということなのでしょうかね。

米ドル高は日本経済にマイナス!?

2014-09-08

 101円半ば~102円半ばを停滞していた、米ドル円がついに動きましたね。
 レンジを離れた時は、いつもそうなんですが、103円台に突入すると瞬く間に104円台、そして105円台に突入しました。

 安倍内閣が云々いっているマスメディアも少なくないですが、そんな大きくない要因だと思います。

 市場関係者がドル高になるキッカケを欲しかっただけで、たまたま内閣改造に合わせて上昇したんじゃないでしょうか?

 そして、105円に突入すると、当然のように証券会社や為替ディーラー関係者から110円という節目の声が聞かれてきます。

 米ドル円が100円に突入した時も、1ドル=105円の話は出ました。

 なので、すぐに110円に到達するとは思っていませんが、そんなこと言っていたら、いつしか1ドル=150円なんて話がでるかもしれませんね。

 1ドル=105円。 妥当なレートかどうかは分かりませんが、国民としての立場から言わせてもらうと、大変ですね。

だって、消費税増税でモノが高くなっているのに、こんなに円安になって物価が上昇。

経済成長に伴う物価上昇なら分かりますが、円安による輸入品・輸入材料の高騰やガソリンの高騰は家計を直撃し、決して経済成長にいい影響を及ぼすとは思えません。

2年前くらいと比べたら、かなりモノが高くなった気がします。 というより、高くなってますね。

1~2%なら分かりますが、それ以上高くなってます。

輸入に頼る日本にとって、いくら輸出企業のプラスだといっても、円安は決していい方向だと思わないのは私だけでしょうか?

FOMCの声明を受けて

2013-12-19

注目のFOMCの声明。
 量的緩和の縮小を発表したバーナンキFRB議長。
 発表前は、「量的緩和の縮小が発表されれば、株安・ドル高に相場が動く」なんて声もあちこちから聞こえてきましたが、実際には米国株は大幅に上昇し約300ドル高で終了。
 米ドルは他国通貨に対して大きく上昇し、米ドル円は104円超え、ユーロドルは1.3700割れとなりました。

 今まで、量的緩和縮小を懸念(嫌気)して米国株は下落する場面を何度も見ましたが、今回は逆に大幅上昇。
 ニュースでどんな説明をするのか?と思いながら今朝からテレビを見ていましたが、
○縮小規模が小さかった
○今後の縮小規模が明確に示された
などとNHKでは報道していました。

 結局、株式相場や為替相場がどう動くかは、エコノミストや為替ディーラーでも予想しづらいんですよね。

 まぁ、とにもかくにも米ドル円は104円台に突入したので、105円を目指すことになるように感じます。
 財政問題も議会での意見がまとまりそうですし、懸念される材料は見当たりません。
 ユーロドルも、ユーロ高が続いていましたが、欧米の温度差から調整局面に入りそうに思います。
 日経平均株価も次のターゲット、16,000円が視界に入ってきました。
 16,500円までの上昇も年内にある可能性は高くなったと思います。

ECBが予想外の利下げ

2013-11-08

 昨夜はECBが利下げを発表。
 マーケットは据置きと予想していたので、発表直後には大きくユーロが下落しました。
 ユーロドルは久々の水準ですね。実は個人的にユーロドルは売りポジションを持っていたんです。1ドル=1.30からショートを持ち始め1.33くらいでも買い増ししましたが、一向に下がる気配がないのでその後損切りに。。。
 その後、1ドル=1.36くらいからまたユーロドルのショートを持ち、1.37前半、1.38前半でも買い増し。
 でも、なかなか下落しないんですよね。米国でいろいろあったのはわかるけど、いくらなんでも上げすぎだろうと。

 個人的な意見ですが、1ドル=1.30くらいが、それぞれのファンダメンタルズを反映したレートじゃないかと思っています。多少の変動は構わないですが、1.25以下とか、1.35以上はちょっとおかしいと・・。

 にも関わらず、一時は1.40目指すのかと思う勢いでした。
 結局、1.365で全てを決済。損失が出たポジションもありましたが、トータルで儲けたかどうかが重要ですので、キレイさっぱり決済しました。

 それが、なんだかんだで11月7日はひっさしぶりに1.33割れですよ。予想外のスピードです。

 まぁでも投資に「たら」「れば」は禁物。
 頭を切り替えて今後の相場を展望しなければ。

 ということで、ユーロは1.32くらいは目指すのではないかと予想し、売りポジション形成し直しです。
 ホントは1.3くらいを狙ってもと思いますが、米国の債務上限問題が決着していませんからね。
 1月にはきっと米ドルは下落します。

 となると、1ドル=1.35~1.40くらいになる可能性もありますね。

5月は円高に注意!?

2013-04-29

今月半ばくらいから気にしていましたが、GWを前に一気に円高へと進んできました。

米ドル円が100円を突破できず、GW前のポジション整理というのもありますが、毎年GWは海外旅行という円高需要があって、4月は円安高値を付けたら、とりあえずショートポジションを建てるのが常識だと思っています。

さらに気になるのが5月ですね。

毎年、春くらいから円高に振れる傾向が強く、とくに5月は円高になる可能性が高い月として、マーケットでは注視されている月。

円安しか考えていない投資家の方は、いったん外国為替市場から距離を置くのが無難ですね。

もちろん、株式市場も同じで、株価が下落する可能性が高いのが5月です。

利益が挙がっているならいったん利益を確定させ、次の機会をじっくり待つのも一つの手でしょう。

 

さて、今週はFOMCをはじめ、重要な指標が待っています。

ECBも利下げに踏み切る可能性が高い。織り込み済みなんて情報も流れていますが、いざ利下げとなると、ユーロは必ず下げるでしょうね。

ただ、大きく下げたらそこは買い場で、反発する可能性が高いと思っていますが。

いずれにしてもFXをやられている方なら、それぞれの重要指標の時間は画面に張り付いて、チャートの動きをしっかり見極める体制で臨む必要があると思います。

 

米ドル円は100円を突破するか?

2013-04-18

米ドル円が一時、100円にかなり迫った外国為替市場。

日本国内のアナリストからも、100円越えは時間の問題とか、今週中に100円突破などとの声が聞かれた4月8日の週。

しかし、終わってみれば100円を超えられずに失速。

4月15日の週は、中国経済の伸び率鈍化やボストンマラソンでの爆破事件をきっかけに、どんどん円高が進みました。

この記事を書いている4月18日は、他のクロス円の動きと異なり円に対しても大きなドル安とまでは行っていませんね。

いつも思うのですが、アナリストの言うことは、あまりアテにならないですね。

ジョージ・ソロス氏も円は雪崩的に下落する可能性があるなんて言いましたが、あくまでも可能性。

しかし、これらの情報に惑わされて損失を抱えている投資家も少なくないでしょう。

投資をする人は、常に客観的な立場でマーケットニュースを見なくてはなりません。

いざ円高に振れると、先週到達したドル円の99円台後半は、半値戻しという情報もマーケットに流れるし・・

マーケット情報も非常に勝手。

個人的には、そのうち100円を付けると思いますが、それがすぐかどうかは判断できません。

世界のマーケット情報に耳を傾けて、客観的な解釈をする能力を身に着けること、そして、テクニカル的に上昇する可能性が高いのか、いったん調整下落する可能性が高いのかを見極めることが大事だと思います。

為替相場を相手にするFXでは、円高に振れても利益を取ることが出来ます。

うまく調整局面を利用すれば、大きな利益を比較的短時間で得ることも可能なのです。

円ショートのポジションをずっと抱えているより、そのときどきの為替相場に応じて、場合によっては損切りをしてポジションを新規に立て直すことが出来なければ、いつまで経っても素人でしかないと思うのは自分だけでしょうか?

Copyright© 2012-2013 世界経済マーケットニュース All Rights Reserved.