4月, 2013年

5月は円高に注意!?

2013-04-29

今月半ばくらいから気にしていましたが、GWを前に一気に円高へと進んできました。

米ドル円が100円を突破できず、GW前のポジション整理というのもありますが、毎年GWは海外旅行という円高需要があって、4月は円安高値を付けたら、とりあえずショートポジションを建てるのが常識だと思っています。

さらに気になるのが5月ですね。

毎年、春くらいから円高に振れる傾向が強く、とくに5月は円高になる可能性が高い月として、マーケットでは注視されている月。

円安しか考えていない投資家の方は、いったん外国為替市場から距離を置くのが無難ですね。

もちろん、株式市場も同じで、株価が下落する可能性が高いのが5月です。

利益が挙がっているならいったん利益を確定させ、次の機会をじっくり待つのも一つの手でしょう。

 

さて、今週はFOMCをはじめ、重要な指標が待っています。

ECBも利下げに踏み切る可能性が高い。織り込み済みなんて情報も流れていますが、いざ利下げとなると、ユーロは必ず下げるでしょうね。

ただ、大きく下げたらそこは買い場で、反発する可能性が高いと思っていますが。

いずれにしてもFXをやられている方なら、それぞれの重要指標の時間は画面に張り付いて、チャートの動きをしっかり見極める体制で臨む必要があると思います。

 

アメリカン・エキスプレスの株価

2013-04-18

アメリカン・エキスプレスといえば、旅行業で有名なグローバル企業で、クレジットカードの分野でも有名。

世界の個人顧客と企業向けにクレジットカードと旅行関連サービスを提供し、世界各国で活躍しています。

そのアメリカン・エキスプレスですが、ネット証券の海外株を買っている人も少なくないでしょう。

今は国内の個別株以外に、海外株も保有するのが個人投資家の基本的なスタンスになりつつありますから。

4月18日に第1四半期決算の発表があったアメリカのアメリカン・エキスプレスですが、クレジットカードの利用が増加したほか、特典であるポイントの交換が減少したそうで、増収増益となりました。

ポイントプログラムの特典利用による費用は前年同期比7%減の14億7000万ドル。発行カード枚数は7%増の9800万枚。

1株当たりの利益は予想が1.00ドルだったのに対し、結果は1.07ドル。

凄いですね。さすがアメックス。当然、株価も堅調に推移しています。

ちなみに、今年初め、1月19日に発表した2012年度10-12月期は12%の増益。

このときも、アナリスト予想を上回ったのですが、カードの利用額が影響したそうで、通期では過去最高益を記録しています。

ケネス・チェノルト最高経営責任者は利用者側でデビットカード志向が強まる中、スマートフォンやコンピューター向けの新たな決済システムを導入し、富裕層以外にも顧客の幅を広げつつある。電子財布「サーブ」はアメックスの世界ネットワークで取引件数の増加につながる可能性がある。とのコメント。

海外株を買うなら、安定した企業の株を選びたいものですが、アメリカン・エキスプレスはその候補の一つに挙げてもいいのかなと感じますね。

米ドル円は100円を突破するか?

2013-04-18

米ドル円が一時、100円にかなり迫った外国為替市場。

日本国内のアナリストからも、100円越えは時間の問題とか、今週中に100円突破などとの声が聞かれた4月8日の週。

しかし、終わってみれば100円を超えられずに失速。

4月15日の週は、中国経済の伸び率鈍化やボストンマラソンでの爆破事件をきっかけに、どんどん円高が進みました。

この記事を書いている4月18日は、他のクロス円の動きと異なり円に対しても大きなドル安とまでは行っていませんね。

いつも思うのですが、アナリストの言うことは、あまりアテにならないですね。

ジョージ・ソロス氏も円は雪崩的に下落する可能性があるなんて言いましたが、あくまでも可能性。

しかし、これらの情報に惑わされて損失を抱えている投資家も少なくないでしょう。

投資をする人は、常に客観的な立場でマーケットニュースを見なくてはなりません。

いざ円高に振れると、先週到達したドル円の99円台後半は、半値戻しという情報もマーケットに流れるし・・

マーケット情報も非常に勝手。

個人的には、そのうち100円を付けると思いますが、それがすぐかどうかは判断できません。

世界のマーケット情報に耳を傾けて、客観的な解釈をする能力を身に着けること、そして、テクニカル的に上昇する可能性が高いのか、いったん調整下落する可能性が高いのかを見極めることが大事だと思います。

為替相場を相手にするFXでは、円高に振れても利益を取ることが出来ます。

うまく調整局面を利用すれば、大きな利益を比較的短時間で得ることも可能なのです。

円ショートのポジションをずっと抱えているより、そのときどきの為替相場に応じて、場合によっては損切りをしてポジションを新規に立て直すことが出来なければ、いつまで経っても素人でしかないと思うのは自分だけでしょうか?

Hello world!

2013-04-10

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Copyright© 2012-2013 世界経済マーケットニュース All Rights Reserved.